悪性リンパ腫体験記 うつむかないで前向きに

B細胞型 濾胞性リンパ腫の闘病記。2007年発症から再発を繰り返し、2014年に非血縁者間同種骨髄移植を受けました。
Sponsord link

↓ポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


悪性リンパ腫 検査費・治療費

悪性リンパ腫との確定診断を受けるまでに行った様々な検査と、化学療法(R-CHOP)治療にかかった費用を簡単にまとめ掲載しています。

このページに掲載した悪性リンパ腫に於ける費用(医療費)は、管理人が実際支払った費用(概算有)であり、患者さん全てがこの通りではありません。
加入している保険の種類、各病院ごと‥・様々な要因で違いがありますので、あくまで参考程度にご覧ください。

尚、各保険の負担割合や制度の内容についての詳細は、最寄りの社会保険事務所にご確認することをお勧めいたします。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

医療費への不安

悪性リンパ腫アクセス解析右の表は、当サイト「うつむかないで前向きに」へ訪問された方が、どんなフレーズで検索されてきたのかをまとめた表です。

1ヶ月分での上位20までですが、悪性リンパ腫というガンでの検査や治療に関するフレーズが占めていますが、圧倒的に多いのが「悪性リンパ腫の治療費用」に関することです。

当然ですが悪性リンパ腫に限らず、ガンやその他の大病にかかる治療費は莫大なものになります。

費用がかかるのはわかるけど、では具体的にいくらになるのか?

患者本人のみならず、家族の方も気になるところだと思います。


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

診断書の費用

病気のため仕事を長期に休もうとする場合、会社に詳細を報告する必要があると思いますが、その際「診断書」も合わせて提出する事があります。

また、加入している生命保険やがん保険から給付金を申請する場合も「診断書」が必要になります。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

保険会社提出用診断書

2010年1月29日(金)
今回の悪性リンパ腫再発による入院治療。
どうしても不安を拭えないのが、治療に伴う「医療費」と、休職のため収入が途絶えるので、その間の「家族の生活」。

僕にとってこれを賄うため、頼らざるを得ないのが「医療保険」なんです。

初発時にも利用しており、この給付金のおかげで医療費と家族のをなんとか賄うことが出来ました。
そして今回も利用しようと思い、保険会社に提出する「診断書」の作成を病院に依頼していたわけですが。。。



↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

CHASER療法医療費について

悪性リンパ腫(濾胞性リンパ腫)の再発により行った「CHASER療法」。
これまで4クールの入院治療を行ったわけですが、管理人がCHASER療法を受け、これまで支払った治療費をまとめてみました。

CHASER療法は、使用する抗がん剤が強いため、中心静脈カテーテル(CV)を挿入しての投薬となります。
そのため、入院での治療が必要となり、また副作用の骨髄抑制も強くでるので、回復するまでの期間が患者さんによって長くなる事もあります。
大抵は1クール約1カ月程度の入院となるわけですが、その治療費用がどのくらいになるのか?も気になるところです。
万が一、悪性リンパ腫(濾胞性リンパ腫)の再発が確認され、その治療法にCHASERを選択された際は、参考にして頂けると幸いです。

尚、掲載している費用・入院日数等は、あくまで管理人の場合ですので、各医療機関または加入保険の種類、患者さんの状態により違いがありますので、目安程度でご覧いただくようお願いします。
また、各保険の負担割合や制度の内容についての詳細は、最寄りの社会保険事務所にご確認することをお勧めいたします。


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
【sponsor link】