悪性リンパ腫体験記 うつむかないで前向きに

B細胞型 濾胞性リンパ腫の闘病記。2007年発症から再発を繰り返し、2014年に非血縁者間同種骨髄移植を受けました。
Sponsord link

↓ポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


花王「エコナ」出荷停止 発がん性物質変化の危険

9月16日20時49分配信 毎日新聞 
記事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000015-maip-soci

2009年9月16日、花王から発売されている食用油「エコナ」シリーズ全品が出荷停止すると発表されました。

理由は、エコナ全品に含まれている「グリシドール脂肪酸エステル」という物質が、発がん性のある「グリシドール」という物質に変化する危険があると確認されたからです。

花王 エコナ出荷停止 成分が発がん性へ変化可能性指摘で
花王は16日、特定保健用食品「エコナ」シリーズの関連全商品について、17日から出荷・販売を停止すると発表した。商品に含まれる「グリシドール脂肪酸エステル」という物質が発がん性物質に変化する可能性があるため。出荷・販売が停止されるのは食用油「エコナクッキングオイル」や同シリーズのマヨネーズ、ドレッシングオイルなど59商品。

 「グリシドール脂肪酸エステル」は発がん性のある「グリシドール」に分解される危険性が欧州で指摘され、日本でも食品安全委員会が調査中。花王は「安全性に問題はないとみているが、消費者の意識も考慮し販売を自粛する」と説明している。

 花王によると、6月にエコナクッキングオイルを自主検査したところ「グリシドール脂肪酸エステル」などが通常の食用油の最大18倍含まれていることが分かった。製造時の脱臭工程で副次的に生成されたのが原因という。「グリシドール脂肪酸エステル」の含有率を減らし、10年2月の販売再開を目指す。

 花王は消費者からの返品にも応じる。問い合わせは同社消費者相談室0120・501・243。


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

子宮頸がんワクチン、初の承認

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00000184-jij-soci
子宮頸がんワクチン、初の承認=予防へ第一歩、費用面に課題

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

ペプチドワクチン療法とは

がん治療における、現在最新の治療法、ペプチドワクチン療法
第4のがん治療法として、今注目を浴びているわけですが、ではこのペプチドワクチン療法とは、一体どんな治療法なのでしょうか。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

白血病支援に安打1本1万円 ロッテ西岡選手

今日のニュースで、白血病に関するこんな記事が載っていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000121-mai-soci

白血病支援に安打1本1万円 ロッテ西岡選手
プロ野球・千葉ロッテマリーンズの西岡剛選手(25)が白血病患者を支援するため、今季の安打1本につき1万円を21日、NPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」へ寄付する。

 首位打者と200万円以上の寄付を目標に掲げ、「闘病する方々を勇気づけたい」との思いを込めて打席に向かった。最終的にパ・リーグタイ記録の先頭打者本塁打8本を含む118本のヒットを放った。

 「病気と闘っている人のために、何らかの形で自分にできることはないかと、ずっと前から考えていた」という西岡選手。「お口の恋人、ロッテ」の主将らしく、口だけではなく有言実行だった。


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

白血病患者殺人 犯行の母親「治療に金」

医療費に関する悲しいニュースがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000007-mai-soci

<白血病患者殺人>高額特効薬使用 犯行の母親「治療に金」
東京都足立区で先月、白血病の長女(当時53)を乳がんの母親(77)が殺害した事件で、長女は慢性骨髄性白血病(CML)にかかり、高額な特効薬「グリベック」を使っていたことが、警視庁竹の塚署への取材で分かった。グリベックの医療費を負担に感じる患者は7割に達することが最近の調査で判明、母親は「(自分も含め)治療に金がかかる」と将来を悲観する供述をしている。高額治療薬の負担の重さが事件の背景にあったようだ。【河内敏康】

 起訴状によると、母親は10月21日、自宅で長女の首をペティナイフで刺し失血死させたとしている。

 同署によると、長女は07年2月、めまいなどから都内の病院を受診、CMLと診断された。同10月に骨髄移植手術を受けたが、約1年後に再発。1錠約3200円のグリベックを1日1~6錠、体調に合わせて服用するようになった。通院は月に1回、手術代を含め約200万円の医療費がかかっていた。病気のため勤めていたデパートを退職し、当時は無職だったという。

 母親も今年4月に乳がんを手術。その後は複数の抗がん剤を使っている。数千万円ほどの貯蓄があったというが、「治療費は2人で月に約25万円もかかった」などと供述しており、事件の背景に高額な治療費があるとみられるという。

 CML患者を対象とした東京大医科学研究所の研究チームの今年8月末までの調査では、景気の悪化に伴いグリベックの費用に負担を感じる患者が急増。内服の中断や、その経験のある患者も3%いた。

 同研究所の上昌広・特任准教授(医療ガバナンス)は「グリベックに加え、抗がん剤による治療費が重なり、医療費の負担や将来への不安は大きかったと推測される。国が高額長期疾病に指定すれば、医療費の自己負担は原則月1万円以内で済むが、指定疾患はわずか三つだけ。グリベック以外にも患者が高額治療費にあえぐ薬は少なくない。負担軽減のためにも、こうした薬に対する国の支援体制を早急に整備すべきだ」と話している。

 ◇ことば・グリベック

 慢性骨髄性白血病(CML)などの治療薬。CML患者は国内で約8000人と推定され、グリベックを服用すると病気の進行が高い確率で抑えられる。日本では01年に承認された。通常1日4錠を基本的に服用し続ける。国の高額療養費制度を活用しても、70歳未満の一般所得者の場合、月1回の医師の処方で年間50万円程度かかる。一方、自己負担が月1万円以内で済む特定疾病(高額長期疾病)は、人工透析をしている慢性腎不全(患者約25万人)▽血友病(同約5000人)▽一部の後天性免疫不全症候群(同約100人)--の三つしかなく、選ばれる線引きも不透明だ。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

SOPHIA都啓一さんが「ろ胞性悪性リンパ腫」

数日前ですが、こんなニュースがありました。



SOPHIA都「がん絶対克服」誓った
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000004-dal-ent
4月11日9時22分配信 デイリースポーツ
 
キーボードの都啓一(38)が血液のがん「ろ胞性悪性リンパ腫」であることを公表した5人ロックバンド・SOPHIAが10日、東京・中野サンプラザで15周年記念コンサート最終公演を行い、5人でのライブ活動を無期限休止した。
 3時間半に及んだライブの終盤、ボーカルの松岡充(38)が言い切った。「(都は)『万に一つの可能性で死ぬことがあったとしても怖くない。みんな死ぬんだから。でも、こんなに最高なライブができないかもしれないことが怖い』と言ってました。都は絶対にがんを克服します!!」‐。
 会場には妻で歌手の久宝留理子(40)も訪れ、都は病気の影響を感じさせない鍵盤さばきで24曲を熱演。「日本一元気ながん患者だ~!!僕は絶対に克服して帰ってきます。20周年のときは15周年こんなんやったなって笑いたい」と再会を約束。最後はメンバーが交互に都を抱きかかえ、約2200人のファンの涙を誘った。
 今後、都は本格的な闘病に入り、残るメンバーで7月の米・ロサンゼルスでのイベントに出演する。







↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

サザン桑田 食道がんで8月中に手術へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000000-dal-ent

 サザンオールスターズの桑田佳祐(54)が28日、食道がんであることを明らかにした。早期発見のため8月中に腫瘍(しゅよう)を切除する手術を受ける。10月28日からの全国ツアーは中止。同20日に予定していたソロアルバムの発売は延期する。関係者によると、桑田は冷静に状況を受け止めており、「お楽しみは、あ・と・で」といつものちゃめっ気たっぷりのコメントを発表。休養期間は少なくとも半年ともみられるが、病魔に打ち勝ち、早ければ年内復帰を目指す。
  ◇  ◇
 これまで大病をしたこともなく、50歳を超えてもパワフルなライブをファンに見せてきた男を、がんが襲った‐。桑田は病名を隠さず、28日、所属事務所のアミューズを通じて初期の食道がんであることを公表した。
 異変が見つかったのは今年1月。定期検診で食道の数値に異常が見つかり経過観察の診断を受けた。改めて7月中旬に人間ドックを受けると、食道に影があることが判明。数日後の内視鏡検査で初期の食道がんが発覚した。食道が染みるなどの自覚症状はなかったという。
 初期のがんだったため、医師から直接病名を告げられた桑田。放射線や抗がん剤治療ではなく手術による切除を勧められると、「手術しても声に影響は出ないか」などと納得するまで何度も質問を重ね、その日のうちに手術することを決断したという。
 独特なハスキーボイスで魅了してきただけに、生命線である声帯への影響が気になるが、腫瘍はのどに近い位置ではないと言い、関係者は「影響は極めて低い」と話す。
 近日中に入院し、8月上旬にも手術を受ける。入院は数週間を予定。その後、療養に入る。10月から予定していた5大ドームを含む10都市19公演の全国ツアーは中止が決まった。78年にサザンとしてデビュー以来、ツアーを休むのは初めて。苦渋の決断だった。
 8月中の完成を目指し、最終段階に入っていた8年ぶりのソロアルバムも、発売を延期する。桑田は現状を冷静に受け止め「アルバムは年内に出したい」と年内復帰を目指しているという。
 一般に喫煙と飲酒がリスク要因とされる食道がんだが「かつてはヘビースモーカーだった桑田も10年ほど前から禁煙していた。近年は暴飲することもなかった」と関係者。08年に姉・岩本えり子さん(享年56)がすい臓がんで亡くなり、身近でがんと闘う姿を見てきただけに、体調管理に人一倍、気を使う桑田の高い健康意識が早期発見に結びついたようだ。
 妻・原由子(53)らサザンのメンバーも桑田から連絡を受け、驚きながらも「早期発見でよかった」と話しているという。桑田も公式サイトで「どうかご心配なさらず(そんなのムリか!?)待っていてくださいね。お楽しみは、あ・と・で」と陽気にコメント。31日放送のラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FMほか全国38局ネットで23時~)では、肉声でファンに報告するという。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

がんと向き合う24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ」

今日はひとつお知らせです。

来る9月4日(土)、ボクの入院している病院にて「がんと向き合う24時間チャリティーイベント リレー・フォー・ライフが開催されます。



↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

リレー・フォーライフ開催されました。

先日紹介しました、チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ」
9/4/・5の両日、開催されました。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

インフルエンザにご注意を!!

インフルエンザが今年も大流行しているようですね。
ウチの次男のクラスも、先週インフルエンザでの欠席者が多く学級閉鎖になりましたし、長男、長女の学校でも休んでる生徒が多いそうです。


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

携帯の電磁波に発がんリスクの疑い


携帯の電磁波に発がんリスクの疑い
2011年6月1日付:ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000672-reu-int
[ロンドン 31日 ロイター]
世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は31日、携帯電話の頻繁な利用によって特定の脳腫瘍が引き起こされるリスクが高まる恐れがあるとの見解を示し、消費者に対し影響を最小限にとどめるための措置を講じるよう促した。

 14カ国の科学者31人から成るIARCのチームは、携帯電話が健康に与える影響について入手可能な全ての科学的証拠を調査。その結果、携帯電話の使用について、5段階で示される発がんリスクのカテゴリーで、上から3段階目となる「発がん性が疑われる(possibly carcinogenic)」に位置づけた。このカテゴリーには他に鉛、クロロホルム、コーヒーなどが含まれる。

 調査チームは、より明確な答えを得るには長期間にわたる詳細な研究が必要とした上で、今回の判断を受けて、WHOが携帯電話の使用に関するガイドラインを見直す可能性があるとの見方を示した。

 WHOは過去に、携帯電話の使用とがんの関係を示す明確な証拠はないとの見解を示していた。

 IARCのチームを率いたジョナサン・サメット氏は電話会見で、原則的に関連する全ての証拠を調査した結果、携帯電話の電磁波について発がん性が疑われるとの判断を下したと説明。一部の証拠では、携帯電話の使用と神経膠腫(グリオーマ)と呼ばれる脳腫瘍のリスク増加との間に因果関係が示されたと述べた。

 携帯電話の発がん性をめぐる調査では、これまで明確な因果関係が示されていなかったが、今年2月の米国の研究では、携帯電話の使用が脳細胞の活動に影響を与えると指摘している。

 IARCのディレクターを務めるクリストファー・ワイルド氏は、特に長期間にわたる携帯電話の頻繁な利用について、一段の調査が行われることが重要と指摘。「さらなる調査結果が明らかになるまでの間は、携帯電話のハンズフリー機能やメール機能を用いて(脳への電磁波の)影響を軽減するなど、実際的な取り組みを行うことが大事だ」と述べた。

 一方、業界団体はIARCの報告に反発している。

 米移動体通信産業協会のジョン・ウォールズ氏は「発がん性が疑われる」とのカテゴリーには日常摂取する野菜の漬物やコーヒーも含まれているとし、「(IARCの判断は)携帯電話ががんを引き起こすということを意味しない」と述べた。

 ウォールズ氏は、IARCの調査チームは既存の研究結果を調査しただけで新たな研究を行っていないと指摘。米食品医薬品局(FDA)などの他の規制当局は、携帯電話の発がん性を示す十分な科学的証拠はないとしている、と述べた。

 英国の携帯電話事業者協会(MOA)のエグゼクティブディレクター、ジョン・クック氏も声明で、IARCは危険性がある可能性を指摘したに過ぎないとの見方を示し、「一段の科学的な調査が必要」と述べた。



↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

原発と悪性リンパ種

先日こんな本を買ってみたんです。



↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

ガンの予防は食事から

10日ぶりの更新。
最近忙しくて休みなく仕事してました。

お陰でもうヘロヘロです。。。(+д+)


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

第17回欧州血液学会での悪性リンパ腫に関する発表

2012年6月14日~6月17日の期間、オランダ・アムステルダムで「欧州血液学会」が開催されました。

医療関係者向けがん情報サイトの日経メディカル・オンライン:癌Expertsにて、その発表内容が掲載されています。 


↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

インフルエンザ猛威を振るってますね

今年もインフルエンザが大流行してますね。

仙台の病院で院内感染が発生し、2名の患者さんが亡くなられたり、その前は横浜の病院でも同様の感染が起こったとのこと。

国立感染症研究所によると、1機関あたりのインフルエンザ患者数が36.44人となり、警報レベルを超えたと報告しています。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

検索ワードランキング

相変わらず寝付きの悪い生活を続けてる管理人。
まぁ、寝れるときに寝て、眠れない時は無理に寝なくても良いかなぁ~って思うようにしました。
ストレスになってもしょうが無いし、いつだったかテレビでそんな話してたの聞いたことあったので、自分の身体に従って過ごしても良いかなってかんじですね。



さて、今年も残り10日程となりましたが・・・

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

高倉健さん、悪性リンパ腫のため死去

高倉健さん 最期は安らかな笑顔、次回作を準備中に体調を崩す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000097-spnannex-ent

ビックリしました。
悪性リンパ腫だったことにも驚きました。

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

血中循環腫瘍DNAが、最も頻度の高いタイプのリンパ腫(DLBCL)の再発を予測できる可能性/NCIプレスリリース

悪性リンパ腫の中でも比較的患者数の多い「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)」の再発を検出する新たな可能性が紹介されていました。

2015年4月1日
NCIニュースノート
血中循環腫瘍DNA (ctDNA)の測定が、治癒可能なタイプのがんであるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者の再発を検出するのに有用な可能性がある。現在、疾患の標準的評価法はコンピュータ断層撮影(CT)検査であるが、本試験ではctDNAの測定により、CT検査で検出される前の顕微鏡的疾患を大半の患者で検出することが出来た。
血液検査で再発をモニタリングすることで、放射線への曝露量の増加と医療費増大につながる多数回にわたるCT検査の必要性を減少させる可能性がある。また、より早期に再発をモニタリングする能力が向上することで、再発診断時の治療効果の向上も期待出来る。本研究は、米国国立衛生研究所の一機関である米国国立癌研究所(NCI)で実施され、2015年4月2日付のLancet Oncology誌に掲載された。
DLBCLは通常、治癒可能であるが、治療が奏効しなかった場合の長期予後は不良である。現在、治療中と治療後のモニタリングには、CTまたはポジトロン放出断層撮影(PET)による中間検査での画像検査が利用されているが、結果は不明確な場合が多い。また、繰り返し放射線に曝露されるため健康リスクの可能性もあり、検査が経済的負担にもなる。DLBCLの再発は、画像検査で検出されるレベルに満たない遺残病変が原因で起こる可能性が最も高く、再発の可能性をより正確に評価することが求められた。
NCIがん研究センターのWyndham Wilson 医学博士を筆頭とした試験責任医師は、126人のDLBCL患者を対象にctDNA 検出を目的とした血清分析を実施した。血清中のctDNA検出には、高度なシークエンシング法により遺伝子断片を評価する定量法が用いられた。
対象となった全患者が1993年5月から2013年6月の間に実施された臨床試験において生物学的製剤リツキシマブの併用または非併用下で、EPOCH療法(エトポシド、プレドニゾン、ビンクリスチン、シクロホスファミド、ドキソルビシン)を受けた。血清検体は、治療開始前、治療期間中、および治療終了後何年にもわたり採取された。また、血液検査と同時にCT検査も標準的な再発モニタリングの一貫として実施された。試験治療終了後、中央値11年間に渡り患者に追跡調査が行われた。
本試験の結果、完全寛解を得た患者107人の内、モニタリング中に検出可能なctDNAを有した患者が疾患進行を認める確率は、検出可能なctDNAを認めなかった患者と比較して200倍以上であった。また、ctDNAの測定により、疾患の臨床的なエビデンスを得る中央値3.5カ月前にがんの再発を検出することが可能であったことも判明した。
さらにctDNAの測定により、治療に反応しないであろう患者を治療途中に予測するといういわゆる中間モニタリングという手法として、第2サイクルという早い時点で予測することが出来た。Wilson医師は次のように述べた。「試験の結果から、中間測定で検出されるctDNAは、治療に反応しない可能性の高い患者を特定するための有望なバイオマーカーであると言えます」。
リンパ腫は感染防御細胞の産生が行われるリンパ系に発生するがんの1つであり、DLBCLは、そのリンパ腫の最も頻度の高いタイプのがんである。DLBCLを有する患者のほとんどは、初期治療後に病変が検出されなくなるが、再発の可能性があるため、現行では最初に寛解を得てから最長で5年間CTによる画像検査が定期的に行われている。しかしながら、40%に及ぶ患者が再発する。一旦再発すると、特に早期進行を認めたり、血中に有意な水準の腫瘍細胞を有した患者の場合、疾患は難治性である場合が多い。
「本試験では1人につき中央値11回のCTによる画像検査を実施しましたが、それほど検査を頻繁に行っても、早期の疾患検出は不十分な結果でした。実際、最近実施された試験でCT検査による調査の有用性は、患者の最新の病歴や身体的診察によるものと差がない可能性があることが示されており、より効果的なモニタリング技術の必要性を裏づけています」とWilson医師は述べた。
本試験ではPETは実施されなかったが、本試験の研究者は、今後の臨床試験でctDNAの中間モニタリングとPETの結果の比較を行うことに興味を示している。また、新たに診断されたDLBCL患者に対するctDNAによる早期の疾患検出は、分子レベルで治療への反応をモニタリングしながら新規分子標的薬の検証を行うためのバイオマーカーとして利用できる可能性があることも示唆された。
原文
******
三枝紅音 訳
吉原哲(血液内科/コロンビア大学CCTI)監修
******


引用元:海外癌医療情報リファレンス
記事:http://www.cancerit.jp/33208.html

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

悪性リンパ腫と慢性活動性EBウイルス感染症

先日こんな記事を読みました。

松来未祐さん、家族の意向で病名公表 死因は「悪性リンパ腫」
アニメ『ふたりはプリキュア Splash☆Star』のチョッピや『ひだまりスケッチ』シリーズの吉野屋先生の声を務め、10月27日に亡くなった声優・松来未祐さん(享年38)の病名が「慢性活動性EBウイルス感染症」で、最終的な死因が「悪性リンパ腫」だったことが、わかった。15日、松来さんの公式ブログで公表された。
yahooニュース



↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
【sponsor link】