悪性リンパ腫体験記 うつむかないで前向きに

B細胞型 濾胞性リンパ腫の闘病記。2007年発症から再発を繰り返し、2014年に非血縁者間同種骨髄移植を受けました。
Sponsord link

↓ポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


病気を抱えて生きるということ

また久々の更新になってしまいましたが、今回は体調崩したわけじゃありませんσ(^_^;)

ここ最近仕事が忙しくで、帰宅後はクタクタでヘロヘロで、、、気づいたら寝落ちしてるって事が多々あり・・・更新を怠ってました。

今日はお休みでしたが、実家の用事があり朝からお出かけ。
出かける準備をしながら見ていた、ある情報番組で「新しいがん治療薬が登場」と言う特集が放送されてました。



気になってチラチラと見てたんですが、主に肺がんに使われる薬だそうで、従来の治療より格段に効果が上がってるとのこと。
今後、存命率の向上に期待が持てる頼もしい新薬だそうです。

ただ薬価が高い!
当然ですがこういった薬の開発には膨大な費用が掛かるわけで、そのコスト負担が薬価に反映されるのは仕方ないところですね。

んで、今回の治療薬にかかわらず、最近の新薬は非常に高い治療効果を現す薬が多く、それだけ医療研究や開発技術のレベルが高くなったって事なんですが、それにつれて薬の販売価格も高くなってるそうで、関係機関の間ではそれが問題になってるらしいです。

例えば今回紹介された新薬は、1回の投薬で約70万円。で、治療は1回じゃ済まないので、ガイドラインに沿った治療を行うと、何だかんだで約3500万円の治療費が掛かるとの事。
まぁ、保険対象という事なので患者さんが実際に負担する額は、毎月の高額医療制度の限度額までですが、その差額を負担するのが国なわけで、現状ではその負担額が物凄い金額なんだそうです。

そこで今、高額医療費制度の見直しだとか、支払い能力がある人には高額医療制限を使わず、3割負担してもらうとか、とにかく医療費制度の見直しをしようと言う話しが実際に出てるとの事。
そして極端な話、お金があるひとはしっかりした治療が受けられ、お金が無い人は満足な治療が受けられないという格差が生まれる可能性もあると専門家が話してました。

反面、貧富の差は関係なく、誰でも平等に最良の治療を受ける事が出来るのが日本の医療だという考えもあり、理想と現実の差をどう埋めるか?という議論が行われてるんだそうです。


大きな病気を患うと、治療費も相当掛かるし、体調によっては仕事が出来ず収入も減ったり無くなったりする訳なので、患者側としては何とか支援制度を充実して欲しいですが、作る側としては、次の研究、開発につなげるためにも掛かったコストの回収は大事な事で、費用が無ければ満足な仕事も出来ないでしょうから、薬価が高額になるのも頷けるんですが・・・。

難しい問題だなぁって思いながら出かける準備してました。


今後の医療、どうなっていくんでしょうかねぇ。
今でも掛かってる医療費が結構キツいんだけどなあ〜〜。

ご覧になった方も沢山いらっしゃると思います。
しっかり見てたわけじゃないのでもしかしたら間違った情報もあるかも知れませんので、その際は是非ご指摘下さい。
なにせ薬の名前も忘れるくらいなので。。、(ーー;)



今日は実家の両親を連れて買い物に行ったんですが、立ち寄ったスーパーで見かけ店員さんがリュックサックを背負いながら商品の補充をしてたんですね。
はじめは何か作業に使う道具が入ってるのかなって思ったんですが、たまたまその店員さんが近くに来た時、付けてたマスクの脇から透明のチューブが出てるのが見えました。

あぁ、この方酸素付けながら仕事してるんだなって知ったんです。
背負ってるリュックサックにはおそらく酸素ボンベが入ってるんでしょう。

何というか…僕はその店員さんを見て勇気というか元気というか、、、前向きな気持ちをいただきました。
人によって様々な印象を持つと思いますが、僕は純粋に「ああ、これが病気と付き合って生きるって事なんだな」って思いました。

僕も病気を抱えながら精一杯日々を過ごしてると思ってましたが、まだまだ頑張れるんじゃないか?って、これまでの思いに少し変化が見られた気がします。

きっとこういった方が全国には沢山いらっしゃるんでしょうね。
その方の仕事してる姿が大きく見えました。

僕も負けてられないな!

関連記事
Sponsord link

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


コメント投稿欄は最下段にございます。お気軽に投稿下さいませ!

1 Comments

りんぱぱ says..."きたのななさんへ"
きたのななさん、こんにちは!
ホント今回は心強くなりました。
病気と付き合うってよく言われるけど、正直その意味がよく理解出来ていませんでした。
自分の考えがちょっと違うなって気づく事が出来ましたね。

その方の姿から多くの気づきをいただいた時間でした。
2016.05.15 01:03 | URL | #- [edit]

コメント投稿フォーム






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://linpasyu.blog90.fc2.com/tb.php/916-74fcfb2b
該当の記事は見つかりませんでした。
【sponsor link】