悪性リンパ腫体験記 うつむかないで前向きに

B細胞型 濾胞性リンパ腫の闘病記。2007年発症から再発を繰り返し、2014年に非血縁者間同種骨髄移植を受けました。
Sponsord link

↓ポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


懐かしの味

花月堂揚げまんじゅう

今日は一日雨降りでした。
先週までの猛暑続きの毎日から一変、
肌寒い一日でした。

今週はずっとこんな天気みたいですね。

天気が悪いと体調も良くないです。

気圧の変化のせいか息苦しさが出てきます。

憂鬱ですねぇ~。。。

そんな本日、仕事が休みだったので嫁と一緒にお買い物してきました。

と言っても目当ては自分たちのものではなくて長男のもの。
来週長男は修学旅行で台湾に行く予定。
彼にとっては初めての海外旅行です。

そこで間近に迫った修学旅行の準備のため、
必要な物の買い出しに出かけました。

我が家は旅行らしい旅行ってしたことが無いので、
長期や遠出の必需品も持ち合わせていません。
と言う事で取り急ぎ欲しいものはスーツケース。

学校から渡された旅行の案内を参考にスーツケースを選んで購入。
その他、必要と思われるものを色々と買い込んできました。

国内旅行すらまともにしたことない我が家なので、
何が必要なのかイマイチ良く分かりません。

まして海外なんていったら・・・ねぇ~(^^ゞ

なので、学校からの書類に書いてる事だけを頼りに購入しました。

まぁ、あとはちょこちょこと足してけば良いかなと。。。



買い物の帰り道、ふと思い出しました。
約6年前、
悪性リンパ腫が再発して入院した時の事。

当時の入院患者さんたちは病室の枠を超え、
病棟全体で仲良しでした。


そんなある日、仲良し患者さんの一人からお菓子の差し入れをいただきました。
初めて食べたこのお菓子。
ものすごく美味しくて衝撃を受けた味でした。
その方は「ウチの近くのお菓子屋さんで売ってる”かりんとうまんじゅう”」と仰ってました。

そのあとも何度か差し入れに戴いてましたが、お互い治療を終え無事退院したので、
そのお菓子を戴くことも無くなりました。

退院して後悔したのが、その「かりんとうまんじゅう」を売ってるお店を聞き忘れたことです。
退院後、あのおまんじゅうが食べたい!って思ってもどこに売ってるか分かりません。
唯一分かってることは、福島県二本松市にそのお店があるって事だけ。

なのでその後は度あるごとに二本松市のかりんとうまんじゅうと記載されていれば試し買いを続けてました。

でもそう簡単に見つかるわけもなく、数年経過してきた訳ですが、


今日のお買い物は二本松市の先まで行ったので、
そのまんじゅうを思い出し、ちょっと帰りにお店を探してみようと思い立ちました。

この数年の間に、探し求めてるお店の情報は色々と耳にしてきました。

が! その情報をすっかり忘れてしまい(記憶が薄れてしまい)うろ覚えで市内を走っています。
嫁も情報を思い出し、二人で必死に記憶を呼び戻しながら「あの辺かも?」という場所をひねり出し向かいます。


で、ようやくたどり着いた一つのお店。


ここです↓↓↓
花月堂花屋(ふくラボ)

そしてとうとう見つけ出した懐かしの味。

花月堂揚げまんじゅう 
「かりんとうまんじゅう」ではなく「揚げまんじゅう」でした(^-^;

まぁでも、たどり着いてみればなんであんなに美味いのか納得しました。
地元じゃ名の知れた名店ですし、そのお店の看板商品です。
沢山の有名人のサインが店内に飾られています。
それだけ有名なお菓子だったんですね~。。。

知らなかった事が逆に恥ずかしい。。。


と、そんなわけで6年ぶりに味わった懐かしくも新鮮なこの味。
表面がサクっとしてて中はモチモチ。
甘そうに見えますがしつこくない餡子。


買った時間がお昼の1時くらいだったんですが、すでに残りは6個だけ。
やはり人気商品らしく早い時間じゃないと売り切れてしまいそうです。


ともあれお店の場所は覚えたので今度は早い時間に買いに行こうと思います。


関連記事
Sponsord link

↓闘病記ブログランキング・参考にさせて頂いてます↓
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
悪性リンパ腫 ブログランキングへ


コメント投稿欄は最下段にございます。お気軽に投稿下さいませ!

コメント投稿フォーム






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://linpasyu.blog90.fc2.com/tb.php/929-9da9c3c1
該当の記事は見つかりませんでした。
【sponsor link】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。